第4巻 きき酒
第4巻 きき酒

お酒の色、香り、味などを人の感覚で評価することを「きき酒」といいます。

お酒は嗜好品ですが、個人的な好みだけで判断して「好きだから、おいしい酒・良い酒。嫌いだから、まずい酒・悪い酒」ではきき酒になりません。もっと一般的な、皆が納得できる判断基準が必要になります。即ち、そのお酒が目標通りの酒質であるかどうか、色、香り、味が調和していて、飲んで快いものであるかどうか、を客観的に判断することが必要です。

お酒にはそれぞれ個性がありますから、その特徴を知った上で、きき酒をすることが大切です。そしてきき酒は先天的な能力以外に、後天的な要素である日々の訓練が、 上達の大きなポイントになります。機会を見つけては、良い指導者について、様々なお酒を対象にきき酒の訓練を重ねるようにしたいものです。

この巻では、きき酒の目的や手順について分かりやすく解説してまいります。



文字の表記について:「(きき)酒」の「(きき)」という漢字は、酒造用語に使われる特殊な文字で、パソコンの表示フォントに含まれていませんので、このコーナーでは、特別な場合を除き、ひらがなで「きき」と表記させていただきます。


next

目次へ戻る

お酒は20歳になってから。 お酒はおいしく適量を。
Copyright(C)Kiku-Masamune Sake Brewing Co., Ltd. 1999-2006 All rights reserved.