第1巻 日本酒の造り方
第1巻 日本酒の造り方
日本酒(清酒)は酒税法では「米、米麹と水とを原料として発酵させて、こしたもの」と定義されています。

もう少し具体的には、『を原料として、米がで糖化され、ブドウ糖ができます。ブドウ糖は、清酒酵母による発酵でアルコールになります。これら糖化発酵という二つの作用が一つのタンク内でバランス良く進行していき、世界に類の無い高濃度のアルコールを生成させ得る醸造方法によって造られるお酒』が日本酒です。

それでは、米と水からどうやって日本酒が造られるのか、その製造工程を順を追って説明してみましょう。

清酒の製造工程
工程図



next

目次へ戻る

お酒は20歳になってから。 お酒はおいしく適量を。
Copyright(C)Kiku-Masamune Sake Brewing Co., Ltd. 1999-2006 All rights reserved.