Web版 KIKUMASA TARU SAKE BOOK 樽酒読本 ~日本酒の真髄は樽酒にあり~

菊正宗

Taru Sake JOURNAL 樽酒のあれこれTaru Sake JOURNAL 樽酒のあれこれ

日本酒の長い歴史のなかで受け継がれ、親しまれてきた樽酒にはたくさんの魅力があります。 こちらでは樽酒のとっておき情報をお伝えします。

  • いつから「樽酒」と呼ばれるようになったの?
    びん詰めの日本酒が普及したころから、呼ばれはじめました。

    江戸時代はお酒を樽に入れて運んでいたため、すべての日本酒は樽酒でした。時代が変わり日本酒がびんで売られはじめると、びん詰めの酒と樽に入れた酒を区別する必要がでてきたため、「樽酒」と呼ばれるようになったといわれています。

  • 「樽びん」の誕生はいつ?
    1966年。一升瓶の「樽びん」を発売しました

    樽酒をご家庭で手軽に楽しんでいただくため、びんでもおいしく飲める樽酒を1966年に発売しました。当初の容量は1.8Lだけでしたが、1972年に720mlを発売。その後、多様なサイズで展開しています。

  • 「樽びん」と「樽詰酒」。入っているお酒は同じもの?
    お酒は、どちらも菊正宗の生酛づくりです。

    樽酒には辛口のお酒が合いますので、樽びんにも樽詰酒にも辛口でキレのある生酛づくりのお酒を使っています。本醸造酒に加え、純米酒の樽酒などいろいろなタイプの樽酒を製造しています。