樽

吉野杉を使用した、最高品質の酒樽。

「樽酒びん詰(樽瓶)」は辛口の本醸造酒を四斗樽(よんとだる)(72L樽)に詰め、吉野杉の香りが程良くお酒に移る飲み頃に取り出して瓶に詰めて出荷します。吉野杉を使用するのは、産地の紀伊半島が気候温暖で雨が多いため、杉の香りがよい上に木目が平均化しているので古くから酒樽としては最高の品質とされているからです。

味

爽やかな香りと、
きりっと引き締まった喉越し

菊正宗「樽酒」は吉野杉の香りが特徴の本格派辛口酒です。吉野杉の爽やかな香りと、きりっと引き締まった喉越しをお楽しみ下さい。 冷蔵庫で冷やして飲むのが最もお奨めです。好みに応じて冷や(室温のまま)で飲まれるのもよいでしょう。燗をする場合は40~45℃のヌル燗をお奨めします。

香

樽香の効用

菊正宗では、愛飲家に古来より親しまれてきた「樽酒」の香り(樽香)に、健康増進成分として注目されているセドロールなどの成分が含まれている事を初めて明らかにしました。樽酒に含まれている香りの成分は、今流行のアロマセラピーや漢方薬とも関連性があるのです。

関連コンテンツ

飲酒は20歳になってから。お酒はおいしく適量を、飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。