■灘育英会
灘育英会 私立灘中学校(現在、灘高等学校も併設)は昭和3年、阪神間の子息らの進学希望者の急増に伴い、この地にあった酒造家である両嘉納家および山邑家が設立にあたり、特に菊正宗 社長・八代目嘉納治郎右衛門がその設立代表者として設立に尽力し、嘉納治五郎先生を顧問に迎え、また嘉納先生の愛弟子である初代校長眞田範衞先生による「日本一の学校を作ろう」という熱い思いのもと建学されました。以来有為の人材を数多く輩出し、我が国を代表する名門校となりました。


■法定団体 芦屋東灘納税貯蓄組合連合会
芦屋東灘納税貯蓄組合連合会 社会貢献活動としてe-Tax実習研修会など活動を行っています。
法定団体 芦屋東灘納税貯蓄組合連合会のHPはこちら(http://www.asiyanocho.jp/index.htm)

■公益社団法人 芦屋納税協会
納税知識の普及と納税意識の高揚の活動
公益社団法人 芦屋納税協会のHPはこちら(http://www.nk-net.co.jp/asiya/)
事業活動のご紹介はこちら(http://www.nk-net.co.jp/asiya/jigyou.htm)をご覧ください。

■菊正宗酒造記念館
酒造記念館のテーマは、「酒造りの原点を知ること」。酒造りの過程から用具類に至るまでの知識や現物とのふれあい、灘の酒を醸す技・水・米・風土、酒造りの情熱や伝統にまつわるこだわり、また日本酒をめぐる新しい楽しみ方や文化の姿・・・など現在・過去・未来を自在に駆けめぐる日本酒の世界を展開し、「知るは楽しみなり」をあますことなく感じ取れる空間です。
酒造記念館についてはこちら(http://www.kikumasamune.co.jp/kinenkan/)をご覧ください。

■樽酒マイスターファクトリー
菊正宗が「瓶詰樽酒(樽びん)」を発売して、2016年で50年を迎えました。「江戸時代から愛されてきた樽酒を家庭で手軽に楽しんでもらいたい」という想いで誕生させた樽びんには、菊正宗の酒づくりへの信念、そして、受け継がれてきた職人たちの技が詰まっています。樽びん誕生50年を記念して設立した「樽酒マイスターファクトリー」は、樽酒のミュージアムではありません。菊正宗の樽酒づくりを通して、激変する時代の中でも変わらずに継承されてきた“樽酒の魅力”を今に伝える工房です。
樽酒マイスターファクトリーについてはこちら(http://www.kikumasamune.co.jp/tarusake-mf/)をご覧ください。

■和食普及研究会
和食普及研究会 米、魚、海草、味噌、醤油、鰹節を主体とする日本人の遺伝子に合った和食の普及
和食普及研究会のHPはこちら(http://www.wasyokuken.com/)
和食普及研究会のvideo 和食普及研究会のご飯が食べたくなるビデオ
サンプル動画のあるHPはこちら(http://www.wasyokuken.com/video/video2.html)

■秋香報恩会
秋香報恩会 当財団は昭和27年に菊正宗 社長であった九代目嘉納治郎右衛門が設立、以来半世紀以上にわたって学生寮の運営など学生の支援活動を続けています。  文化の向上に対する精神的物質的援助、発明に対する精神的物質的援助等によって未来有望なる社会に役立つ人材育成を図りたいと考え、財団法人秋香報恩会設立となりました。(現在は「公益財団法人秋香報恩会」)  神奈川県川崎市にある学生寮「新敬天寮」では、現在40名の学生が自重自治のもと、日々勉学に励んでいます。  又、卒業生から成る「秋香会」というOB会(現在会員数約250名)があり寮で行われる行事等にOBが参加することによって、異世代交流の絶好の場となっています。
秋香報恩会のHPはこちら(http://hwsa6.gyao.ne.jp/keitenryou/)


TOPメニューへ